トイレのトラブルで最も多い水漏れ

トイレのトラブルで最も多い水漏れ 穏やかで平和な家庭生活を脅かすものとして、火事や地震、大雨などの災害があげられますが、そのほかにも家のなかで起こる水のトラブルがあります。料理をつくったり食器を洗ったりする台所や体を清潔にする浴室や洗面所、そして用を足すためのトイレでは、毎日大量の水を使用します。排水溝が詰まって困ることもありますが、水が漏れて深刻で大きなダメージを与えることもあります。
なかでもただの水ではなく汚水処理が必要となるトイレで水が漏れると大変です。一戸建て住宅でも水浸しになる被害は決して小さくありませんが、マンションやアパートなどの集合住宅の場合は、何の関係もない階下の住人にも大きな迷惑をかけることにもなります。トイレのトラブルのなかで最も多いとされる水漏れの原因や対策について考えてみましょう。

■トイレのトラブルあるある

水回りのトラブルにはさまざまなものがあるため、専門的に対応する業者も数多くあります。トイレの問題に関する依頼も多く、水が流れない、水が漏れる、温水洗浄便座が作動しないなどの相談が多く寄せられています。水が流れない場合は、排水の流れの悪さが原因で異物が詰まって起こる場合があり、素人では解決できないことが多いです。
水が漏れる場合は、タンクや便器、給水管や排水管、温水洗浄便座など、さまざまな原因が考えられるため、なぜ漏れるのかをチェックすることが大切です。そのほかにも、温水洗浄便座に関する水の漏れや通電の問題、手洗管やタンクに水が供給されない、水が止まらないなど、さまざまなトラブルでの依頼がひっきりなしにあります。

■水が漏れている原因の特定
水が漏れていることに気づいたら、まずどこから水が漏れているかを特定することが大切です。トイレの水漏れの原因は実にさまざまなものがあるため、それによって対策もかわってきます。どこかに問題が生じることで水が漏れますが、どこから水が漏れているか特定することが難しい場合もあります。
便器のなかに水が漏れていたり、タンクやパイプから水が滴っていたりする場合は発見しやすくなりますが、それ以外で原因が明らかにできないときは、プロの業者に相談して原因の特定と対策をお願いした方がいいでしょう。原因がはっきりしないのに素人作業で修理すると、事態が悪化してさらに水浸しになってしまうこともあります。

■トイレのトラブルはスピード解決が重要

家のなかには、トイレ以外にも浴室や台所など水回りと呼ばれる場所はありますが、水漏れによって大きなダメージを受けやすいのはトイレです。タンクに溜められた水の量は多くすぐに階下に漏れ出すような水が漏れてしまいます。また、排水管が問題の場合は便器から排出されるべき水があふれてくるので衛生的な問題になります。
水が漏れていることに気づいたら、まず止水栓を閉めて水が供給できないようにすることが大切です。少しの水が漏れているだけなら自分で修理ができると考えがちですが、漏れている水の量ではなく水が漏れる原因が重要なので、すぐにプロ業者にみてもらうようにしましょう。止水栓を閉めれば被害が拡大することは防げますが、使用することができなくなります。業者に依頼してスピード解決することが大切です。

■まとめ
1日に何回も大量の水を流すトイレは、使用年数が長くなれば長くなるほど本体や部品が老朽化することによってさまざまなトラブルが生じることがあります。水が出ないのも問題ですが、必要時以外にずっと水が漏れるのはもっと大変です。床が水で濡れていなくて便器に直接漏れている場合は、気づかないことも多く、水道代が急に高くなることで初めて水漏れを疑うということも珍しくありません。
水が漏れていることに気づいたら、漏れている場所と原因を特定して適切な対応をすぐにとらないと大惨事になってしまうこともあります。しかし、温水洗浄便座を含むさまざまな部品のなかから原因を特定するのは素人には難しいことです。早めにプロに依頼してトラブルの原因究明やトイレの交換など適切な処置をしてもらうことが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース